秋山脳外科(山梨県韮崎市) 脳神経外科/神経内科/外科一般/消化器内科/脳脊椎外来/糖尿病外来

医療法人秋山脳外科
HOME 当院について 診療について トピックス インタビュー 医療コラム
Akiyama Cerebral Neuro Clinic
秋山脳外科外観
当医院について
院長挨拶
医院概要
担当医紹介
地図・交通
診療について
診療科目
外来受診案内
医療設備
脳ドック
よくある質問
情報発信
トピックス
インタビュー
医療コラム
担当医

Akiyama

Kurita

Yagi

Iijima

Nakayama
 
 
◆秋山脳外科◆
〒407-0037
山梨県韮崎市
大草町若尾1330
TEL:0551-22-8881
FAX:0551-23-0647
医療コラム  
 
秋山巌 秋山脳外科院長:秋山巖が医療の現場から感じたことを
コラムとして発信いたします。
バックナンバー
 

◇Vol.1:生活習慣病◇

 
我が国の死因は、癌、心臓病、脳卒中とつづきますが、有病率では脳卒中が相変わらず1位を占め、寝たきり老人の原因となる脳卒中は、高齢化社会の日本にとって大変な問題です。アメリカでは「ヘルシーピープル2000」という国をあげての生活習慣予防のための改善運動が展開されており

<1>肥満の防止
<2>糖分、塩分及び脂肪分の制限
<3>コレステロールの制限
<4>炭水化物の制限
<5>不飽和脂肪酸の摂取(肉より魚)
<6>禁煙
<7>節酒
などをかかげ、脳卒中の有病率の著しい低減に成功し、次に「ヘルシーピープル2001」という計画が作られています。
 
生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病、骨粗鬆症、肝臓病、悪性腫瘍など)は、日常生活での習慣、つまり
<a>食習慣
<b>運動不足
<c>ストレス
<d>禁煙
<e>飲酒
などを見なおすことによって病気の予防や改善が出来るものなのです。出生率の低下が著しく、高齢化が加速される現在、家族や病院にお世話になることがないように、また自分が自分として生きられるように、もう一度、自分たちの生活をふり返ってみませんか。
※2002年10月発行「OH・No.21」掲載コラムより
HOME院長挨拶医院概要担当医紹介地図・交通診療科目外来受診案内医療設備脳ドックよくある質問トピックスインタビュー医療コラム
COPYRIGHT (C) 2007 AKIYAMA CEREBRAL SURGERY CLINIC All Right Reserved.