秋山脳外科(山梨県韮崎市) 脳神経外科/神経内科/外科一般/消化器内科/脳脊椎外来/糖尿病外来

医療法人秋山脳外科
HOME 当院について 診療について トピックス インタビュー 医療コラム
Akiyama Cerebral Neuro Clinic
秋山脳外科外観
当医院について
院長挨拶
医院概要
担当医紹介
地図・交通
診療について
診療科目
外来受診案内
医療設備
脳ドック
よくある質問
情報発信
トピックス
インタビュー
医療コラム
担当医

Akiyama

Kurita

Yagi

Iijima

Nakayama
 
 
◆秋山脳外科◆
〒407-0037
山梨県韮崎市
大草町若尾1330
TEL:0551-22-8881
FAX:0551-23-0647
医療コラム  
 
秋山巌 秋山脳外科院長:秋山巖が医療の現場から感じたことを
コラムとして発信いたします。
バックナンバー
 

◇Vol.9:脳卒中について◇

 

最近、脳卒中について新聞やテレビでよく報道されています。現代医療は日進月歩で、新しい情報を知っておく必要があります。

頭蓋内疾患は早期発見・早期治療につきますが、最新の医療機器は早期発見に役立ち、発症の予防にも貢献しています。その中でも東部MRI検査、頚部エコー検査などによる脳ドックが大変役立っています。私共の経験した500例の脳ドックの結果を検討したところ、無症候性脳梗塞の危険因子としては、高血圧が、また脳血管の狭窄や閉塞には、家族歴(身内に脳梗塞や脳出血などがある人)、高血圧、糖尿病、飲酒などが危険因子となり、末破裂脳動脈癌は、クモ膜下出血の家族歴がある人に高率に見つかったことがわかり、年齢的には40〜70歳の人が脳ドックを受けるべきと結論づけました。

 
発見された脳血管異常の中で、脳動静脈奇形はγ-ナイフで、末破裂脳動脈癌は血管内手術で手術を行い、いずれも数日間の治療で退院が可能になりました、また、脳梗塞の発症予防にも脳出血の予防にも、いずれも早期から服薬が可能です。早期発見により予後は著しく変化します。
 
脳卒中の家族歴を持つ方や、高血圧、糖尿病、高脂血症等で治療を受けている方は、早期に検査を受けてみたらいかがでしょうか。今現在の頭蓋内の状況を知ることは大切です。
※2006年2月発行「OH・No.61」掲載コラムより
HOME院長挨拶医院概要担当医紹介地図・交通診療科目外来受診案内医療設備脳ドックよくある質問トピックスインタビュー医療コラム
COPYRIGHT (C) 2007 AKIYAMA CEREBRAL SURGERY CLINIC All Right Reserved.