秋山脳外科(山梨県韮崎市) 脳神経外科/神経内科/外科一般/消化器内科/脳脊椎外来/糖尿病外来

医療法人秋山脳外科
HOME 当院について 診療について トピックス インタビュー 医療コラム
Akiyama Cerebral Neuro Clinic
秋山脳外科外観
当医院について
院長挨拶
医院概要
担当医紹介
地図・交通
診療について
診療科目
外来受診案内
医療設備
脳ドック
よくある質問
情報発信
トピックス
インタビュー
医療コラム
担当医

Akiyama

Kurita

Yagi

Iijima

Nakayama
 
 
◆秋山脳外科◆
〒407-0037
山梨県韮崎市
大草町若尾1330
TEL:0551-22-8881
FAX:0551-23-0647
医療コラム  
 
秋山巌 秋山脳外科院長:秋山巖が医療の現場から感じたことを
コラムとして発信いたします。
バックナンバー
 

◇Vol.10:頸動脈狭窄症と脳卒中◇

 

頸動脈狭窄症が脳卒中の原因になることが、NHKの番組で放送されてから、頸動脈の狭窄(血栓の有無)の検査を希望する人が多くなりました。

日本では少ないとされていた頸動脈狭窄は、最近増加しており、男性87%、女性13%で、合併症としては高血圧が最も多く、糖尿病、高脂血症と続きます。

 

突然片側の目が真っ暗になったり、手足の運動、知覚障害が一時的に出現したり、完全な麻痺になることもあります。頸動脈の狭窄部で血液に乱れが生じ、血小板の血栓ができ、頭の中に流れ込んで血管を閉塞するために、様々な症状が突然出現します。無症状の場と症状が出る場合と50%ずつです。頸動脈の60〜70%以上の狭窄で手術適応となりますが、(症状があれば50%でも手術します)当面、内科的治療(アスピリン等の服用)で経過を見ます。

最近の超音波診断装置は素晴らしく、10分以内で狭窄の有無や、狭窄率、血栓の性質、血液量も判断してくれます。頭部検査の折には、頚部超音波診断も受けておきましょう。

※2006年6月発行「OH・No.65」掲載コラムより
HOME院長挨拶医院概要担当医紹介地図・交通診療科目外来受診案内医療設備脳ドックよくある質問トピックスインタビュー医療コラム
COPYRIGHT (C) 2007 AKIYAMA CEREBRAL SURGERY CLINIC All Right Reserved.